1. 研究の題目 『課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業』
 (グローバル展開プログラム)
 「国民国家型の大学歴史教育をグローバル化時代に適応させる方法に関する国際比較」

2.実施機関  国立大学法人大阪大学

3.代表  文学研究科・教授 堤 一昭

4.研究の目的・意義
 もっとも基本的な問題意識は、歴史学の伝統的な水準の高さおよび歴史への大衆的関心と、その一方で長年の国民国家的枠組みによる教育・研究がグローバル化の時代に顕在化させている限界との明瞭なコントラストという、東アジア諸国に共通の問題にある。国民国家的枠組みの限界とは、たとえば自国史と世界史の科目・専攻としての分立のマイナス面を指す。日本の大学の場合、これは2022年度から予定されている高校「歴史総合」の発足にも、教員養成などの面で対応できない危険性をはらむ。もうひとつの限界は、自国史はもちろん外国史ですら、しばしば自国民専用の性質をもち、成果発信や教育も多くが自国語でし かおこなわれないことである。

 「大学教育の質保証」にもかかわるこれらの問題は、原史料の読解と無縁では成り立ち得ない大学歴史教育の性質から言っても、「日本史・東洋史・西洋史の3分野体制の解体」や、ありきたりの英語化などの安直な方法で乗り越えられる単純な問題ではない。むしろ求められるのは、ローカル・ナショナル・リージョナル・グローバルや非領域的ネットワークなどの視点を柔軟に連結・統合できる視座の構築、それに大部分の教員・研究者が必要最低限の英語を使用する一方で、対象や参加者によっては多言語(日本語学習中の外国人にわかる易しい日本語も含む)を混用した活動をおこなう環境と能力の形成であろう。

ニュース & トピックス